-バオバブの木 -多肉例会レポート お出かけ日記 多肉植物・サボテン 植物園 観葉植物

多肉植物室編・名古屋・東山動植物園に行っちゃいまちゅよ

更新日:

おじさんのお見舞いで

名古屋まできたので

東山動植物園に行ってみようと思いまち

地下鉄で星が丘駅まできまちた

アシスタントKOBIのママは

植物園には興味がないので

名古屋の自由が丘と呼ばれている星が丘で

お買い物しているそうでち

ママ「マロちゃん、ゆっくり行ってきてもいわよ」

マロ「お見舞いの時間まで2時間しかないでちよ」

ママ「お買い物していると、楽しくて時間なんてアッという間だから・・・

あらっ、三越デパートだわっ、ふっふっ・・・」

駅から星が丘門まで

炎天下の中、早歩き

上り坂10分でくたくたでち

ふぅ~ここで

入園料500円を払って・・・

温室どこ?っと思ったら

さらに10分歩きまち、こんどは下り坂でち

ということは、帰り道がタイヘンでち

国の重要文化財に指定の

温室前館の多肉植物室から

チェックしまちゅよ

石に書かれた説明文も

イイカンジでちゅね

その後ろの金のなる木も

ものすごく大きくて見とれてしまいまちた

ココまで来て、どこにでもある

金のなる木をうっとり

見ていちゃダメでちね

ほらっ!

アロエ・リットラリスでちよ

アロエ(ユリ科)と

アガベ(リュウゼツラン科)には

そっくりなものがありまちゅが

同じような環境で別々に

進化した全く別の植物で

このような進化を収斂(しゅうれん)進化というそうでち

ガガイモ科の

キッコウリュウでちよ

こんなに大きいモノは

なかなかないでちゅよね

 .

あっ!

バオバブ発見♪

マロがジッとバオバブの木に

祈りをささげていたら

どこからともなく、仙人おじいさんが・・・

と、思ったらボランティアで解説をしてくれる

親切なおじいさんが話しかけてくれまちた

.

おじさん「バオバブが興味があるのかのぉ」

マロ「東京からバオバブをみにきたよ」

おじいさん「京都府立植物園の

バオバブは花も咲くんじゃぞ」

マロ「京都の方は先月みてきたけど

季節がはやかったのでお花はまだだっだでちよ」

ところで、ここのバオバブは

何年ぐらいここの温室で

育てているんでちゅか?」

おじさん「うーん、詳しい時期はわかなないのぉ

すぐ近くにある事務所に専門の担当者がいるから

きいてあげようぅ~」

マロ「ありがちう、

でも、マロ滞在時間が30分ぐらいしかないので

もういかなくちゃ」

親切なおじいさんとお別れして温室の奥へといそぎきまちた

この葉っぱはなんだかわかる?

プルメリアの葉っぱにも

ちょっとだけ似てるよね

でも、幹にトゲドゲがあるち

.

じゃーん

パキポディウム・ゲアイィ

(キョウチクトウ科)

亜阿相界(アアソウカイ)

マダガスカル原産でちよ

ハムスター園芸部の

パキポちゃんは

まだ30cmぐらいだけど

イイ環境で長い期間育てると

こんなに大きくなるんだね

ここには、プルメリアはなかったでち

ちゃて、プルメリアはどこかな~?

もう少し奥へ探しに行ってみまちゅ

次回へ続く・・・

 

336-001




336-001




--バオバブの木, -多肉例会レポート, お出かけ日記, 多肉植物・サボテン, 植物園, 観葉植物

Copyright© KOBIのシークレットガーデン  [観葉植物・多肉植物の育て方] , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.