その他・植物グッズ モンステラ 多肉植物・サボテン 観葉植物

冬の室内に置いてある観葉植物・多肉植物の管理&その周りのお掃除について

投稿日:

現在、寝室には

普段の時期よりも

植物がものすごく多く

置いてある

 

 

今年は

温室を組み立てていないので

寒さに弱い植物は

寝室とワークルームに

集結している

 

この他

比較的

寒さに強い植物や

断水し完全休眠させている植物は

納戸や和室などに置いている

 

納戸は

夜間、温度が下がるが

昼間も温度が上がらないので

寝室のように

温度差が出てしまうお部屋に

置くより

植物にとって良い場合もある

 

寝室の植物たちには

葉水もあげたりするので

湿度もマックス状態になるコトが多い

 

 

 

すると

夜間、寝室に入ると

なんとなく

ムシっとし

空気が

よどんでいるコトが多い

 

マメに鉢を移動させて

棚や床をふいたりしなくちゃ

ダメだねっ

 

 



 

 

やるトキは徹底的に掃除する

>>床掃除はこんなカンジで・・・

 

 

とりあえず

植物をベランダに移動させてから

お掃除開始!

 

 

 

表面はガラス板なので

普段

霧吹きで葉水をあげちゃっても

ダイジョウブ!

だが、どんどん汚れていく

 

 

 

 

 

ケルヒャーの

スチーム洗浄しないトキは

クロスでちゃちゃっと拭いておく

 

 

 

--

購入時、迷ったが

ケルヒャーはホワイトの

限定カラーにしてよかった

 

 

 

 

 

最近はケルヒャーの出番が多いデス

>>ケルヒャーで出窓もぴかぴか

 

 

 

クリスマスのトキには

この棚の表面に

デコレーションライトも

はわして

キラキラを楽しんでいたが・・・

 

今の時期は

ちょっと気分が違う

 

 

今回は

電源はそのままにして

すぐ横にある出窓上部の

出窓の吊り下げラックに

イルミネーションライトを

はわしてみたヨ

 

 

 

 

ブラックの棚板は

ちょっとしたホコリも

目立つので

日々の掃除が大変だねっ

 

この吊りタイプの

ラックに植物を

ディスプレィしようと

考えていたが

この時期、出窓付近は

夜間4℃以下になるので

植物を置くのには

過酷な環境だヨ

 

 

 

 

 

結局

なにも入れるものもなく

持て余し気味だった

吊り下げラックが

イルミネーションライトの

オカゲで生き返った!?

 

 

 

 

冬の間は

暖かい日の午前中に水遣りをし

夕方、早い時間に

お部屋に取り込むのがポイント

 

あまり、遅い時間まで

ベランダに出しておくと

鉢の中まで

冷え切っちゃうから

あまりよくないと思うんだ

 

 

↓ベランダで水遣りをし

夕方、もどってきた植物たち

なんとなくイキイキとしている

 

 

 

日陰でもダイジョブ♪

>>ライトは育成ランプにしてあるヨ

 

 

ベランダに出したトキには

葉水だけでは落ちない

ホコリもしっかり

お水で流し落としてから

植物たちを定位置に

もどしているヨ

 

この画像には映っていないが

この日は

全部で30鉢以上の

鉢の移動

&メンテナンスをした

 

毎年のコトだけど

中腰で鉢を移動させ続け

翌日、

腰痛に苦しむKOBIの

姿をみるのであった

カッコわるぃ~

 

↓いつも応援ありがとう
クリックしてくれるとマロも大喜び♪
更新の励みになるヨ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ

 

336-001




336-001




-その他・植物グッズ, モンステラ, 多肉植物・サボテン, 観葉植物

Copyright© ばんちょうのシークレットガーデン[観葉植物の育て方・ウンベラータ] , 2018 All Rights Reserved.