お出かけ日記 コウモリラン 観葉植物

後編・熱川バナナワニ園・熱帯花木・ブロメリア 熱帯スイレン・原種ラン♪

投稿日:

IMG_2292

 

湯河原から車で1時間半、

バナナワニ園に到着♪

 

 ↓それにしても、前日宿泊した湯河原の
 お宿はおもしろかった

>>前半・湯河原ニュータイプ旅館・バナナワニ園に向かう♪

 

 

植物好きなので

温室中心で見学したいでちゅ

 

20160702_27

 

 

園内には

熱帯花木・観葉植物・ブロメリア

熱帯スイレン・原種ランなど

たくさんの温室があるんだ

 

 

IMG_2310

 

 

広いので

ひとまわり、見学するだけでも

体力&時間がかかりそう

 

軟弱なKOBIは

途中で根をあげて

ベンチで休んでばかりだったヨ

 

--

↓ ブロメリア温室だよ

IMG_2303

IMG_2304

IMG_2299

 

KOBI「ふぅ、疲れたわ

このベンチで一休みしましょう

あっ!

マロちゃん、

そんな所に登ったら叱られますヨ」

 

マロ「なに、よんだぁ~」

 

IMG_2301

 

 

マロ「すずちぅ、

マロをかわいく撮影してねぇ~」

 

 

20160702_24

 

すずちぅ「マロちゃん!

いいねぇ~

どこから撮影しても

かわいいよぉ~」

 

KOBI「すずちぅも

マロの毒牙に

かかってしまったわ」

 

--

 

↓ 熱帯スイレン温室だヨ

IMG_2317

 

IMG_2322

 

スイレン栽培上

一般によくみられる

温帯性(耐寒性)スイレンと

熱帯スイレンに分けられるそうでち

 

ここで栽培しているのは

すべて熱帯スイレンでち

 

特徴は、多彩な花色や

水上高く抽出した花茎

 

IMG_2328

 

ここでは、温泉熱を利用して

周年開花するように

管理しているそうでち

 

 

--

↓ 原種ラン・オオオニバス温室だヨ

 

IMG_2324

 

巨大なサーキュレーターが

いくつもまわり

ほとんどの鉢は

空中から吊るして管理されていた

 

IMG_2325

 

20160702_35

 

 

マロ「いろいろ、参考になりまちゅ

ちゃて、帰ろうかな・・」

 

KOBI「ちょっと、待ってください!

レッサーちゃんに会っていませよ」

 

TOM「レッサーパンダのこと?」

 

--

KOBIが、どーしても

レッサーパンダに会いたいというので

車で数分のところある分園に移動!

 

KOBI「カワイイ!

レッサーパンダ!サイコー」

 

マロ「どこにいるの?」

 

 

20160702_05

 

 

TOM「木の上で

だらだらしていまちゅヨ」

 

まわりのお客さんからも
かわいい!の声がきこえてくる

 

IMG_2336

 

 

マロ「だらだらしているようにみせかけ

実は、自分のかわいさを

知り尽くしている顔をしているな」

 

TOM「奥に熱帯果樹温室もあるみたい」

 

マロ「レッサーパンダに

心を奪われ動けないKOBIはおいて

そっちに行こう」

 

 

IMG_2338

 

 

大株に成長したキボウシも

開花していまちゅね

 

 

20160702_36

 

 

果樹温室の横の小路は

まるで

イングリッシュガーデンに

まよいこんだみたいに

美しいガーデンでち

 

--

出口のトコロには

売店もあったヨ

 

植物販売は

小さいスペースだけど

お安いプライスで

いろいろ販売されていた

 

KOBIが、レッサーパンダの

ぬいぐるみを

買いそうになっていたので

マロは、急いで売店をあとにしたヨ

 

--

帰りも

海沿いを東京に向かいドライブ

 

途中のモスバーガーで一休み♪

 

20160702_01

 

バナナワニ園は

少し遠かったけど楽しかった

行って、本当に良かった

 

植物好きなら

みんなが楽しめる

おススメスポットでちゅヨ

 

 ※2016年6月末の情報でち

 

にほんブログ村 トラコミュ 多肉植物のある暮らしへ多肉植物のある暮らし

にほんブログ村 トラコミュ I LIKE GREENへI LIKE GREEN

 

↓クリックしてくれると、マロも大喜びしまちヨ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ

 

-お出かけ日記, コウモリラン, 観葉植物

Copyright© KOBIのシークレットガーデン  [観葉植物・多肉植物の育て方] , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.